日別アーカイブ: 2018年2月2日

障害年金の受給要件

障害年金のうちの障害基礎年金の受給要件は国民年金加入中に生活に支障をきたすような障害がでる原因の病気やケガして、初めて診療してもらった日に加入していることです。

この要件は年金加入前の20歳以下の人や定年退職後年金が受給されるまでのうちに日本に住んでいて、かつその期間に初診日が含まれていれば受給することができます。障害厚生年金の場合は厚生年金に加入している期間のみです。また障害が長期にわたり一定の状態にあることも要件に含まれます。

診断さらに保険料納付の要件も定められています。それは初診日が含まれる月の二か月前までの公的年金の三分の二分が納付または免除されていること、または初診日段階の年齢が65歳未満で、初診日の月から二か月前までの一年間に保険料の未納がないことのどちらかが満たされていることです

そしてどの時点で障害を認定されるかというと初診日から一年半たった日、20歳になったときに障害がある状態であるか、また、65歳に達する前日までに障害の状態にあるとそこで障害が認定されます。初診日から一年半以内に定められた条件を満たす日があれば、その日が障害認定日ということになります。この条件の中にはある施術から一定の期間が経たないと障害認定日が来ないものもあるので気を付ける必要があります。

 

障害基準

障害年金が受給される障害には、認定基準があります。それは手足の運動障害などの外部障害だけでなく、精神障害や糖尿病や呼吸器疾患などの内部障害も障害年金の受給対象になります。具体的には外部障害として分類されているものが視覚や聴覚の障害に、手足の障害で、精神障害は統合失調長やうつ病、てんかんなどが含まれます。そして内部障害には心疾患、腎疾患、糖尿病やがんなども含まれています

さらに障害年金は障害等級によって受給額が異なります。障害基礎年金では一級と二級、障害厚生年金ではそれに加え三級と等級が分かれており、障害の程度の重いものから一級とされています。障害厚生年金に関しては三級の基準に満たない状態であっても一時金として障害手当金というものを受け取ることができる制度があります。

松葉づえこの分類の基準として視力や聴力に関しては具体的な数値によって区分されており、例として挙げると脚の障害に関しては一級が両方に著しい障害を有するなどとなっています。障害厚生年金にのみ存在する三級は少し障害の程度の軽い場合に認定される等級になります。

中には時間が経ってから障害が悪化する場合があります。最初は一級、二級などに該当しなかった場合も三か月以内の症状が一級程度に悪化していると判断された場合、障害年金を受給することができます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket